fc2ブログ

オランダ語の本

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
去年オランダのアンティークマーケットで子供用のオランダ語学習の本を
見つけました。

ドイツのお隣の国、オランダに時々出かけるので、少しくらいオランダ語を
話せたほうがいいのではないかと思い、買ってみました。

DSC_5213_01blog.jpg

小学校1年生レベルという感じだったので、これからオランダ語を始める私には
ちょうどよさそう。

いつの時代のものかわかりませんが、1960年前後のものではないかなあと勝手
に推測しています。

読んで、話すという意味のタイトル。文字が大きくて空白が多いので、読みやすい
かなという印象。そして、薄いので、すぐに読み終われそうな感じです。

しかも1冊はイラストのみ。

でも、せっかく買ったのに、もう1年近く本棚に置いたままです。

オランダ人は英語もドイツ語も堪能な人が多く、カフェやお店ではオランダ語が
話せなくても英語かドイツ語で対応してくれるので、なんとかなっています。

それでも、特におじいさんなんかは片言でもオランダ語で話そうと
するととても喜んでくれます。

なので、やっぱり、その国の言葉を話すようにしたほうがいいのかなと思っては
いるのです。

でも、私の何が言いたいのかさっぱりわからない、片言でしかも間違ったオランダ語
で話すと、たいてい、私、ドイツ語しゃべれますと言われたり、英語で話しかけられる
ので、オランダに行っても、オランダ語を話す機会はほとんどありません。

それでも、最低限の日常会話、もしくは観光で必要なオランダ語くらいは習得したいので、
せっかく買った本を使って、勉強してみたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment