fc2ブログ

ベヒタフバッハのジャムポット

1832年創業のドイツの老舗陶器メーカーのベヒタフバッハ(Wächtersbach)はその時代の
流行に合わせた製品を製造しています。

1970年代1980年代のヴィンテージ、レトロな製品は良く見かけるのですが、あまり見か
けないデザインのジャムポットを見つけました。

よく見かける70年、80年代のものより、少しだけ古い時代のものではないかと思います。
おそらく60年代終わりから70年代初めごろ。

地味な色合いで、果物と花、蜂が描かれています。
DSC_4835_01blog.jpg

DSC_4836_01blog.jpg


花や果物が描かれるのはわかるのですが、なぜ、虫なのかとずっと思っていたのですが、
今ひらめいたのですが、ポットのひとつは2種類の果物が描かれていて、もうひとつは花と
ミツバチです。

ということは、果物が描かれているものはジャムを入れて、ミツバチと花が描かれているも
のははちみつを入れるということかも、、、、、。単なる私の推測ですが。

ドイツ人、パンにハチミツを塗る人がたくさんいるので、あたっているかも。

ずっと虫(ミツバチ)が描かれているのが気になっていたので、なんとなく答えがわかった
気がして、ちょっとすっきりしました。

こちらのジャムポットはネットショップにのせました。
ベヒタフバッハの他の製品も扱っています。

ネットショップへはこちらからどうぞ →☆イーゲルヒュッテ☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment