fc2ブログ

きのこの本

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
ドイツではたまに道端にきのこが生えていて、食べれるのかなあと思うことがあるの
ですが、毒キノコと食用のきのこの違いがよくわからないので、きのこはお店で買う
ことにしていますが、きのこに詳しい人は山にきのこ狩りなどされるみたいです。

そんな人のためのものなのか、食用のきのこについて書かれた本を見つけました。

DSC_4716_01blog.jpg


表紙に国民学校というはんこが押されているので、戦前のものだと思われます。

字体も昔の字体で読みにくいです。

DSC_4717_01blog.jpg

イラストも載っています。

ドイツではアスパラガスの季節が終わって少ししたら、きのこが市場に出回ります。

きのこもアスパラガス同様、他の野菜と比べるとお値段も高めなので、森にきのこ狩り
に行って収穫できたらいいのですが、間違って毒キノコを採ってきたら怖いので、市場で
買うつもりです。

ドイツではきのこは幸運のシンボルなのですが、写真の布に描かれているきのこがその
幸運のシンボルのきのこで毒キノコだなんて知らなかったです。

こんなきのこを森で見つけてもとって食べたりしないけど、、。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment