fc2ブログ

オランダ・ハーグのマウリッツハイス美術館

オランダの画家で浮かぶのはゴッホ、レンブラント、フェルメールくらい
しか知りません。

ゴッホとレンブラントの絵はそれほど見たいとは思わないのですが、
フェルメールの絵は実物を見てみたいという気持ちになります。

なので、フェルメールの有名な作品、真珠の耳飾りの少女をみるため
オランダのハーグにあるマウリッツハイス美術館に行ってきました。

20170730_120342_blog.jpg

想像していたより小さな建物。入り口も正面ではないので、ここ本当に
美術館と思ってしまいました。入り口は門をくぐって左側の階段を
降りたところにありました。

フェルメールの絵以外に興味がなかったので、お目当ての真珠の耳飾りの
少女の絵の前にあったベンチに座ってじっくり観賞しました。

でも、ふと気がつきましたが、昔日本でフェルメール展が関西のどこかの
美術館で開催されていたときに、この絵も見たかもしれません、、、。

館内写真を撮ってもよかったようですが、何も撮らずに帰ってきました。
素晴らしい絵画が展示されていますが、美術館自体も立派で洗練された
雰囲気がよかったです。美術館に来ているというより、お屋敷に飾られた
たくさんの絵を見ているようなそんな気分になる美術館でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment