fc2ブログ

国境近くのオランダの小さな街

去年、旅番組でドイツのミュンスターランドという平地が広がる地方から
オランダまで自転車で行くという日帰り旅行のコースを紹介していました。

その時にオランダのWinterswijk という国境を越えてすぐの小さな街が
出てきました。自転車に乗ったドイツ人ご一行様が自転車をどこかにおいて
街を散策していました。

国境付近の小さな町はドイツから買い物に来るのにちょうどいい街だと
紹介されていて、一度行ってみたいと思っていたのです。

先月行った森の中のクリスマスマーケットの場所から15キロほど離れた
ところにある街です。

家から高速道路を通らず、国道だけでのんびりドライブして1時間半ほどで
たどり着きました。

20170121_blog2.jpg


土曜日だったので、広場では市が立っていました。
写真左側の白いテントのお店はオランダの揚げ菓子のお店。

オリボーレンという大晦日にオランダで食べられる揚げ菓子や揚げた生地の
シュークリームみたいなものやリンゴの輪切りを衣をつけて揚げたものなど
美味しそうなものがいっぱい。写真を撮るのをわすれましたが、リンゴの輪切り
を揚げたものを食べましたが、シナモンの香りがしておいしかったです。
ただお店の人がドイツ人だったので、ドイツ人向けオランダのお菓子の店なの
かなとちょっと思ってしまいました。

市は小さい規模でしたが、野菜や果物、魚、肉、チーズなどの食料品以外に
布のお店もありました。

この朝市でお昼ご飯に魚屋さんで魚のフライとムール貝のフライを食べました。

オランダはドイツと違ってお昼は軽く済ませるようなので、レストランもランチメニューが
充実していないので、朝市で食べるほうがお金もかからず、おいしいものが食べれます。

魚のフライは人気があるようでいつも行列ができています。あとはインドネシアの屋台も
人気があるようです。

魚のフライを食べたあとは一人で街の雑貨やさんなどお店を見て回りました。
なので、写真はほとんど撮っていません。

こちらは、市役所の建物。現在は観光案内所が入っているとのことです。

20170121_blog1.jpg

国境近くの街ということでドイツ人もたくさん買い物に来るから、お店の人も
ドイツ語を話す人が多いです。なので、オランダ語がしゃべれなくても困りません。

今回は街の中心のお店が並ぶ地区だけ見て回りましたが、郊外には風車もたく
さんあるようなので、暖かくなったらまた遊びに行こうと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment