fc2ブログ

クリスマスのお菓子、シュトレン

ドイツのクリスマスのお菓子、シュトレンを頂きました。
生地にはレーズン、オレンジピールなどが入っていて、焼き上がりに溶かし
バターをたっぷりかけて、最後に粉砂糖を振りかけた焼き菓子です。



1912blog.jpg

シュトレンはドイツ東部のドレスデンという町発祥のお菓子と言われています。
シュトレンは、坑道という意味だそうで、坑道のような形をしているからとか、
赤ちゃんがおくるみに包まれているように見えるなどと言われています。

頂いたシュトレンは結構大きくて、まさにおくるみに包まれた赤ちゃんくらいあり
そうでした。

シュトレンはアドベント期間中、薄くスライスして少しずつ食べるそうです。
ずっしりしているので、1センチくらいに薄く切って食べても、おなかいっぱいになります。
私も朝食や昼食代わりに少しずつ食べていますが、大きいのでなかなか減りません。

なので、毎年、クリスマスが終わっても、お正月も、シュトレンを食べています。
ほとんど毎日食べているので、ちょっと飽きてきました。

できたら、丸ごと1個より、カットされているものを買って、ちょこちょこ食べるほうが
いいのかもしれません。

種類もいろいろあるし、お店によっても味が違うので、食べ比べしたほうが飽きない
と思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



4 Comments

doitsuzakka  

Re: No title

AzTakさん
パン作り教室にも通われたんですね。多趣味そうですね。
リーンなパンって言葉初めて知りました。ドイツパンはリーンなパンですね。
ふわふわなリッチなパンはドイツ人には好まれないようでめったにみかけません。
私はパン作りは苦手で一度だけ作ったシュトレンもかちかちのものができて、一人で消費しました。本当に参った状態でしたよ。

2016/12/26 (Mon) 19:16 | REPLY |   

AzTak  

No title

シュトーレンも全粒粉などを多用したリーンな食べ物なんでしょうね。食べるとずっしりお腹にたまる感じ。
最初柔らかフカフカのリッチなパンに憧れてパン作り教室に通いましたが、途中から断然リーンなパン派に大変身しました。
作り方を間違えると、美味しくないものを一人で抱え込み、『参った』状態に陥りますね。

2016/12/25 (Sun) 11:38 | EDIT | REPLY |   

doitsuzakka  

Re: No title

un giornoさん
初めまして。コメントありがとうございます。
シュトレン、まだ開けていないのでしたら、クリスマスに食べるのが楽しみですね。逆に私は、クリスマスまで待てないタイプなのでどんどん開けて食べてしまって、クリスマスまで持たないです。

2016/12/20 (Tue) 21:15 | REPLY |   

un giorno  

No title

はじめまして。
我が家でも今年もシュトーレンを頂戴しました。私は食いしん坊なのでクリスマス前に食べ始めたらクリスマスまで持たないかも^^;、だからまだ開けていません。

2016/12/19 (Mon) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment