fc2ブログ

オランダのシンタクラース


今日も雨でうっとうしいお天気です。
朝市に買い物に行こうかと思ったのですが、寒くて雨の日はお店の人も
お客さんもあまり来ないだろうということでお休みする場合が多く、出店数
も少なかったりします。

せっかく雨の中、でかけてもお目当てのスタンドが出ていなかったりすると
がっかりなので、買い物はやめました。それに傘を差しながら、買い物する
のはちょっと不便です。

今週はずっとこんな調子でお天気が悪く、週末は風も強くて荒れ模様になる
そうです。

そんな、暗い11月のドイツですが、お隣のオランダは一足先に楽しいクリスマス
行事が始まったようです。

オランダでは11月中旬にシンタクラースがやってくるのです。サンタクロースを
オランダ語にするとシンタクラースとなり、もともと、サンタクロースは、14世紀に
アメリカに移住したオランダ人によって伝えられたもののようです。

オランダのシンタクラースは毎年、11月中旬に蒸気船に乗ってやってくるそうで、
到着する街も毎年変わるそうで、今年は12日にMaassluisという街に到着したそうです。


シンタクラースは大勢のズワルトビートという従者と一緒にやってきます。そのズワルト
ビートの黒い顔にカールした髪と衣装がとてもかわいいのです。

ズワルトビートの人形をこの時期家に飾りたいと、オランダに行くたびに探してみるの
ですが、なかなか見つかりません。

先月、オランダに行ったときにやっと見つけたのはチョコレートだけ。シンタクラースの
チョコと一緒に飾ってみました。

DSC_6119blog.jpg

シンタクラースは12月5日に帰ってしまうようなので、その後、このチョコを食べようと
思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2 Comments

doitsuzakka  

Re: No title

AzTakさん
そうみたいですね。オランダは12月25日よりシンタクラースのほうがメインみたいで、それが終わるとなんだか盛り上がっていないような感じですよね。ドイツでは、12月6日がニコラウスの日で子供は盛り上がりますが、メインは25日で、24日のお昼ごろ、閉店間際のお店やデパートでは男性が必死にプレゼント探ししてる姿をよく見かけます。
チョコレートのデザイン、そんなにしっかり見ていませんでしたが、東方教会の雰囲気なんですね。

2016/11/17 (Thu) 19:41 | REPLY |   

AzTak  

No title

記事に触発されて調べてみたら、12月5日にはオランダ版クリスマス、シンタクラース祭があり、25日のクリスマスよりも盛大に祝われているようですね。聖ニコラスの誕生前夜祭のようです。
クリスマスは、だいたいその頃にイエス・キリストが生まれただろうと思われる日を、ユダヤの過越祭に被せただけのイベントです。イブにプレゼントを配る必然性はないと合理的なオランダ人が考えるのにも一理ありなのでしょうね。
あのチョコレートのデザインですが、私の感じでは東方教会の雰囲気を持ったデザインのように見えてしまいます。

2016/11/17 (Thu) 14:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment