ドイツ、暮らしと雑貨

日々の暮らしとお気に入りの雑貨

ドイツ国旗色のケーキ

デパートで買い物をしたら、館内のレストランの今月のケーキ
とコーヒーのセットの割引券をもらいました。


ケーキがちょっと気になったので、まだ午前中でしたが、ケーキを
食べてきました。

今月のケーキはサッカーのワールドカップ開催中なのでドイツ国旗
色のケーキでした。

IMG_2534_convert_20180623050927 (1)

カスタードクリーム、ベリー、チョコのクリームの3層になっていて、
上には赤、黄、黒の3色の丸いものが振りかけられていました。


デパートの中にあるセルフサービスのレストランだったので、
あまり期待していませんでしたが、ふわふわでおいしかったです。
ただ、チョコレートの層のところが甘すぎましたが。

私はドイツの国旗は黒、赤、黄色だと思っていましたが、黄色でなく
金色らしいです。

それからケーキの名前は世界チャンピオンケーキ。

すっかり忘れていましたが、前回の優勝国はドイツでした。だから
ドイツの国旗の色のケーキなのだと気づきました。

今年は予選1試合目、メキシコに負けてしまい後がないドイツ。

次はスウェーデン戦。あとがないドイツです。どうなるのかな。




にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

サッカーのワールドカップで盛り上がるドイツ

昨日大阪で地震があったとのことで、関西には家族、親戚や友達も
たくさん住んでいるため気になって昨夜はよく眠れませんでした。

さて、サッカーのワールドカップが始まりました。現在、日本対コロンビアの
試合中。 

ドイツはサッカー大国なので、今は国中が盛り上がっていて、カフェなどでも
試合が見れるようになっているところが多いです。

日曜日はドイツ対メキシコ戦がありました。
ちょうど出かけていてカフェに寄ったのですが、そのカフェでも店先のテラスで
試合観戦ができるようにモニターが設置され、近所の常連客でにぎわっていました。

ドイツ国旗色の何かを首に巻かれていた犬。

IMG_2488_convert_20180619214655 (1)

一人だけ(一匹だけ)反対方向を向いて退屈そうでした。

もう一匹いた犬はドイツ代表ユニフォームを着て応援?
IMG_2477_convert_20180619214538 (1)

この日は残念ながら1対0で負けてしまいましたが、
しばらくはサッカー一色のドイツです。



にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

地元の人々に愛されているパン屋

ドイツではパン屋さんはあちこちで見かけますが、ほとんどが
チェーン店です。大手パンメーカーが展開する低価格のパンを売る
チェーン店だったり、地域に多くの店舗を構える企業だったりして、
個人経営のパン屋さんはどんどん減る一方です。

先日新聞にドルトムントで一番おいしいパン屋さんの記事が載って
いました。市内のパン屋を10件ほど比べて選ばれたのが個人経営の
パン屋さん。

市の中心部にあるパン屋ではなかったので、そのパン屋さんのことは
知りませんでした。

ドルトムントで一番おいしいパン屋さんは市の中心部にあり、いつも行列
ができているお店だと思っていたので意外です。

新聞の記事によるとパンがおいしいだけでなく、地元の人々に愛されている
パン屋さんで低価格のパンを提供するチェーン店のパン屋の出店を地元の人が
反対したとのことで気になってパンを買いに行きました。

IMG_2216_convert_20180614201204 (1)

お店の前に置かれたテーブルには近所の常連さんと思われるおばあさんが
二人お茶をしていました。

店内に子供連れのおお客さんがいましたが、お店の人は子供の名前も知って
いたので近所の常連さんだと思います。子供はクッキーを一枚もらっていました。

パンはどれも素朴な感じの典型的なドイツパン。今回は朝食用の小さいパンを
2種類買いました。

IMG_2227_convert_20180614201349 (1)


一つはカボチャの種がのっているパン。もう一つは普通の小麦粉で作った白パン。

カボチャのパンは特に何も思いませんでしたが、白パンのほうは今まで食べていた
パンとは全然違う味。

いつも食べているのは近所にあるこの地方にいくつもお店を出しているパン屋。
ここもまあまあおいしいと思っていたし、スーパーで売っているものとは断然違うと
思っていたのですが、近所のパン屋のパンよりさらにおいしい。

生地がしっかりしていてほんのり甘みがあっておいしかったです。市内で一番って
新聞の記事をちょっと疑っていましたが、一番に選ばれてもおかしくない味だと
思いました。(たいした舌をもってはいないし、言葉で説明できませんが、一口
食べただけで他の店のパンとは違う味がしたのです。)

パンの値段も特に高いわけではなく個人のお店としては良心的な価格でした。

店内も昔ながらの内装でお店の人もとても感じのいい人だったし、パンもおいし
かったので時々買いにくるつもりです。

大手のチェーン店に負けてどんどん個人のパン屋さんがなくなっていくドイツ
ですが、こういうお店はなくなってほしくないです。



にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ドイツのビーチチェア

ドイツの海岸にあるビーチチェアは箱のような形の独特なものです。
ドイツ語ではStrandkorbといい直訳すると海岸の籠とかバスケットと
なります。

家から持っていけるような大きさでなく、ビーチには貸し出し用にたくさんの
ビーチチェアが並んでいます。

先日ガーデニングセンターの中にあるカフェに行くと、ビーチチェアが置いて
ありました。

IMG_2250_convert_20180614013634 (1)

私はまだドイツのビーチチェアに座ったことがないので、せっかくなので
カフェではこのチェアに座ってみました。

椅子の両脇には折り畳み式の小さいテーブルがついているので、飲み物
などをそこにおいて海岸でのんびり過ごしたり、読書したりするんでしょうか。

ドイツ人の休暇は1,2週間海辺などに滞在して毎日のんびり過ごすような
ので、このチェアに座って一日中日光浴するのかもしれません。

いつか私もドイツの海沿いに旅行に行ったらチェアに座って
一日のんびり過ごしてみたいです。


にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

オランダの刺繍

学校の家庭科の時間苦手だった刺繍に去年再度挑戦してみた
のですが、結局途中でやめてしまいました。

でも、まだ興味は残っています。ただパッチワークのほうが楽しい
のでパッチワークキルトばかりしていて、刺繍はなかなか再挑戦
できずにいますが、またいつか挑戦してみたいです。

そのせいか、刺繍作品がよく目に留まります。

オランダで古い刺繍を見つけました。学校の家庭科で練習した
作品
のようです。

DSC_0128_01edit_convert_20180608184020 (1)

いろんな字体のアルファベットに数字、名前などが刺繍されています。

私も家庭科の時間自分のイニシャルを刺繍しなくてはいけませんでし
たが、なかなかうまくできずつらかった思い出があります。

あの頃は刺繍だけでなく家庭科全般が苦手で家庭科なんてなくなれば
いいと思っていましたが、大人になった今はもっとちゃんと習っておけば
よかったなあと反省しています。

もう一点同じくオランダで見つけたサンプラーがあります。

DSC_0133_01edit_convert_20180608184132 (1)

こちらは1918年のサンプラーを見本に1974年に刺繍したもの
のようです


いろいろな色の糸が使われていて、モチーフも刺繍されているので
とてもかわいらしい作品です。

上の赤い刺繍のほうは古いものなので、擦れてできた穴などが数か所あり、シミや
汚れも目立ちますが、それはそれで味があってよいなあと思います。

どちらもネットショップに掲載しましたので、ご興味がありましたら、のぞいてみて
ください。他にもオランダの刺繍あります。

ネットショップ→☆Igelhuette☆



にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村