ドイツ、暮らしと雑貨

日々の暮らしとお気に入りの雑貨

オウムのいるカフェのグーズベリーとメレンゲのケーキ

週末、買い物帰りにドルトムント中央駅近くのカフェでケーキを食べてきました。
Café Kleimann という老舗のカフェです。

ケーキ屋さんのカフェなので、ケーキの種類が豊富だと期待していったのですが、
もう閉店30分前だったので、残っているケーキは少なめでした。

今回は食べたことのないグーズベリーとメレンゲのケーキにしてみました。

20170311_1blog.jpg

スポンジケーキの上にグーズベリーのゼリー寄せ、その上に、メレンゲの3層。
グーズベリーの酸味をメレンゲの甘さが調和されていました。
それでも、酸っぱいのも甘すぎるのも苦手なので、選択ミスです。

日本ではあまり見かけないグーズベリーのケーキはドイツの典型的なケーキの
一つかもしれませんので、試しに食べてみてよかったです。

このケーキ屋さん併設のカフェには、なぜかオウムがいました。
夫がオウムのいるカフェがあるといっていたので、てっきり、オウムの大きな置物が
店先にあるのだと思っていましたが、店内に置かれた大きなケージの中にオウムが
2羽。

窓辺にはオウムの置物も。
20170311_2blog.jpg

鳥はちょっと苦手なので、本物は写真を撮りませんでした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

イースターの飾りみたい

買い物途中に見かけた植物。春らしいパステルカラーが目に留まり、写真に
撮ってみました。

20170309_blog.jpg

プラスチックか何かでできているイースターの飾りだと思い、どこに売ってるの
かなと思ったのですが、よく見ると、本物の植物のよう。

今ガーデニングセンターに行ったら売っているのかもしれません。
庭や玄関先に植えておくだけでイースターの雰囲気でいっぱいになりそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

古い映画館

ドルトムントの市内中心部を歩いているときに、小さな古い映画館を見つけました。

20170304_124456blog.jpg

この映画館2012年で100周年だったようです。

私は、混んだ映画館が好きではなくて、(好きな人はあまりいないと思いますが、、)
平日とか土曜日の朝一番などなるべく人が少なそうな時間帯に行きます。

そして、できたら、小さめの地味な映画館が好きです。シネマコンプレックスとかは
なんとなく騒々しくて苦手です。一人で行くことが多いので、友達同士とか家族づれ
とかグループとかが多いとなんとなく孤独感が増すのです。

小さい古い映画館はたいてい一人で来ている人が多くて、人もまばらでみんな適当
に距離を置いて座れるので、一人でゆったり映画を楽しめます。

以前一度だけ同じように古い映画館をドルトムントで見つけましたが、ちょっと治安が
よくない地区にあったので、また行こうという気持ちにはなんとなくなれずにいましたが、
ここなら街の中心部なので、大丈夫かも、、、。

20170304_124510blog.jpg

今話題のラ・ラ・ランドも上映中のようなので、一度この映画館を利用してみよう
と思います。ただ、困るのが、ドイツの映画館平日の昼間は上映していません。
平日は夕方から。映画によっては夜7時からとかで、夜出歩くのがすきでないので
ちょっと不便です。

やっぱり、もう少し日が長くなってから来ることにします。ラ・ラ・ランドは飛行機の中で
観れることを期待しています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

水仙

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
3月頃になると、水仙の花が10本セットになって売っているのをよく
みかけます。

たいてい100円前後なので、みんな数セットまとめて買っているようです。

昨日、スーパーの入り口に水仙の花が売っているのを見つけました。
20170304_154422blog.jpg

私がドイツに来たのはたぶん3月頃で、語学学校に通っていたのですが、
そこで知り合った日本人やアジア人のお友達と一緒に教会の礼拝に
出たら、帰りがけ、出口のところで、牧師さんと教会の人が水仙の花を1本ずつ
配っていて、それをもらって部屋に飾ったことを思い出しました。

まだドイツに来て2週間ほどでまだ慣れないことばかりで不安な毎日
でしたが、同じように気持ちの日本人やアジア人の友達が回りにたくさん
いたので、ホームシックにもかからず、なんとか過ごせていたようです。

水仙の花はたいていつぼみの状態で、売ってるときは水に差していないのですが、
家に帰って水に差したとたんに花が開いてすぐに終わってしまうのがとても残念。

寄せ植えになっているほうが長持ちしていいのかもしれません。

20170304_154513blog.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

桃の節句にオランダのピンクのお菓子

雛祭りは毎年ちらし寿司を作っています。
それ以外は特に何もしないのですが、実家からもってきたお雛さまを
飾って、ちらし寿司を食べて、一人で少しだけ雛祭りの気分を味わいます。

今年は、オランダのスーパーで見つけたお菓子の素を使ってピンク色の
お菓子を作りました。ピンクなので、桃の節句にぴったりかなと、だいぶ前
に買ったのですが、この日までとっておいたものです。

ピンク色のお菓子はトンプース(Tompoece)と言います。

オランダでケーキ屋さんをあまりみかけないので、本物は食べたことがありません。
ただ、スーパーで売っていたものは買って食べたことがあります。

パイ生地の間にたっぷりのカスタードクリームが挟んであり、パイ生地にピンク色の
アイシングが塗られています。

20170303blog.jpg

水を混ぜて泡立てるだけの粉末カスタードクリームの素と水を混ぜて電子レンジ
で数秒温めるだけの粉末アイシングの素とパイ生地が2枚、それから絞り袋が
1枚入ったセットです。

簡単そうですが、箱に記載されている作り方がオランダ語だったので、グーグル
翻訳を使って訳してみました。

グーグル翻訳では意味がちょっとわからないところがあって、なんだろう?と思って
いたのですが、お菓子の素のメーカーのちゃんと作り方をビデオで紹介した動画を
見つけました。1分ちょっとの動画ですが、すごくわかりやすかったです。
グーグル翻訳いらなかったです。説明のオランダ語を入力した手間が無駄でした。

DSC_6892_01blog.jpg

短時間で手軽にできるお菓子でしたが、切り分けるときにカスタードクリームが
はみ出てみた目があまりよくありません。アイシングもたれているし、、、。
冷蔵庫で冷やしてカスタードクリームがもう少しかたくなってから切ればよかった
のかもしれません。

味はとても甘いです。そして食べにくいですが、おいしかったです。

オランダはピンクや水色などのパステルカラーが好きなのか、お菓子でも
こんな色のものをよく見かけます。着色料とか気になるのですが、たまに食べる
くらいならいいかなと思って、おそらく、また来年の3月3日もこのお菓子を作るつも
りです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村